テーマ:小原小学校

離任式で頂いた たくさんのやさしさ ありがとうございました

 昨日3月28日(金)はお世話になった白石市立小原小学校での離任式でした。    頂いた色紙。全校児童のやさしいメッセージがびっしりと詰まっていました。ある保護者の方が,日中のお仕事の合間をぬって,春休み中の子どもたちの様子も見ながら全家庭をまわり,この寄せ書きを仕上げてくださったとのこと。小原の子どもたちのやさしさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2007年度の締めくくりに綴ったメッセージ(抄)

年度末を迎えると,卒業文集や学校文集などへのメッセージ依頼が立て続けにやってきます。大変だなあと感じる反面,この1年のあゆみを正直に刻む良い機会だなあとも思います。そこで,後々の自分の振り返りのためにも,そのメッセージ(抄)を以下に綴ることにしました。 天然記念物 小原の「コツブガヤ(小粒榧)」 天然記念物 小原の「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講話(抄)2008年2月朝会~心の貯金ができるおさるさん

「2匹のニホンザルがけんかをしていました。争っているのは強いおサルさんと弱いおサルさんです。それを見ていた他のおサルさんたちは,どちらの味方をすると思いますか?」~と,たずねたところ,上の写真で挙手をしている多くの子ども達が「弱いほうのおサルさんの味方をする」と答えてくれました。心の優しい子たちだなあと思いました。 このように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講話(抄)2008年冬休み明け集会~干支にまつわるお話し

 今年は子年,十二支のスタートの年です。そこで,冬休み明け集会では干支にまつわるお話しをしました。はじめに・・・  15日間の冬休みが明けて、久しぶりに皆さんが揃い,新しい2008年,平成になってちょうど20年目という区切りの良い新年を迎えました。新年明けましておめでとうございます。  冬休み前の集会では3つの発電機のお話し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

管内の会報誌への寄稿~題『小原に着任して』

 小原小学校は教職員数9名,複式学級2学級を含む全校で計4学級の小規模校です。着任早々第1回職員会議は「出会って知人,つきあって友人,ささえあっての同僚,お互いに力をあわせてどうぞ宜しくお願いします」との挨拶ではじまりました。全校児童は32名,一人一人皆がどの行事でも貴重な主役となって活躍し,年間を通して四季折々に行われる全校縦割り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講話(抄)2007年>冬休み前集会~3つの発電機にまつわるお話し

私が手にしているのは豆電球。発電機のいきおいで豆電球は点灯し,後ろの子どもまでもしっかり届くほどの明るさです。 本校のめざす児童像は「やさしい子」「げんきな子」「かしこい子」です。冬休み前の集会では,「やさしい子の発電機」「げんきな子の発電機」「かしこい子の発電機」というお話しをしました。 1つめは,やさしい子の発電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の秋に出会ったひっそりとたたずむ小さな隧道

ここはどこ?かな。。。写真中央に見えるのが落石の事故をふせぐロックシェッド。左側には長さ650mの小原1号トンネル,右側には長さ86mの小原2号トンネルがあって,左側が白石方面。右側が山形県の南陽市方面という,ここは東北・宮城県白石市,紅葉の名所碧玉渓にほど近い国道113号線沿いのわき道です。 小原1号・2号トンネルは昭和48…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講話(抄)>2007年1学期終業式

 春・夏・秋・と3つの季節をすごして,今日1学期の終業式を迎えました。あすから,短いですが皆さんは秋休み。そして,来週には第2学期がはじまります。そこで今日は1学期の結びとして,また2学期へ向けてのお話しをします。  校長先生は皆さんの1学期の頑張りを人(ヒト)の体にたとえて考えてみました。1・2年生からお話しします。1・2年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講話(抄)>2007年夏休み明け集会

 34日間の夏休みが明けて、久しぶりに皆さんが揃いました。たいへんうれしいので、5つのことを「あ・い・う・え・お」の順にお話しをします。  まずは「ありがとう」の「あ」についてお話しをします。今年の夏はこれまでにないほど暑さの厳しい夏でした。そのため県内でも小学生のいたましい水の事故が続いてしまいましたが、皆さんは、危ないこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもたちに身近で安心なIT環境を求めての試行錯誤

黒山の人だかり・・・。子どもたちがみつめているのは・・・ 学校のホームページ。主役の子どもたちにこそ、学校のホームページを自由にみせようと廊下にインターネット端末を置きました。 本日始めたばかりの試みですが、子どもたちにとって身近で・自然で・安心な・情報活用環境をめざしていきたいと思います。 ここは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more