2011年お日様の恵み(抄)

画像

 黄色い縦棒が並んだこのグラフは昨年の各一日あたりの拙宅における発電量を示しています。
縦棒の本数は長短あわせて365本!屋根面への南中時太陽光入射角も複合グラフにして重ねてみました。
 昨年一年間のお天気の経過がひとめで一覧できるグラフにつき、まずは、ぐにゅ~っと拡大して、ご覧下さい。

 黄色の棒グラフが大きく伸びたのは例年のように好天に恵まれた4月の頃でした。
一方で、曇天や雨降りのため、発電量0~1の日が年間で30日間ほどありました。もっとも東日本大震災による停電のためログを消失した日も含まれていますので、例年比でどうのといった比較はできないなぁ、また年間を通じ,黄色い縦棒の総計、4,779kWh(パネル1kWあたり998kWh)を記録した発電量は、順調だったなぁと感じています。

ふたつのグラフを重ねてみると、やはり
  • 春分・秋分の頃は、晴れれば発電量が大きく伸びること
  • 南中時入射角が70度を下回る冬場は発電量が伸びないこと
  • 気温が高めの夏場は、晴れてもなかなか発電量がのびないこと
等の考察ができそうです。

 また昨年一年間の各月ごとの発電量・買電量などを次のような円グラフに集約してみました。

 1年間の総発電量4,779kWhのうち、3,863kWh(81%)は消費できずに東北電力へ売電し、自宅で利用できたのは916kWh(19%)でした。
画像


 また年間の総消費量3,286kWhのうち、2,372kWh(72%)は東北電力のお世話となり、発電した電力でまかなえたのは914kWh(28%)でした。
画像


 以上、2011年をトータルみると、日中は東北電力へ「年間3,863kWh(○○円)」を売電し、夜間は東北電力から「年間2,372kWh(□□円)」を購入し、という収支の1年間であったようです。
 このバランスでみれば、収支トントン以上の『ゼロエネルギー住宅』のようにみえますが、暖房は別計量の夜間電力を利用しており、調理、給湯、空調(冷暖房)などの全てを太陽光発電でまかっているというわけではありません(^.^)///
 
以上です。

また、発電量・売電量などのデータ詳細はひと月に一回こちらで公開・更新しています。興味・関心のある方はどうぞご訪問下さい。


お日様の恵みin仙台市泉区
お日様の恵みin仙台市泉区加茂


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック